マネージャーに不可欠な開発業務全般の知識

ITエンジニアの管理職の中でも上位に位置するプロジェクトマネージャーの仕事では、開発業務全般に関する詳しい知識や経験を必要とする。これらのスキルが備わっていないと、開発業務で潜在している問題を見落とす可能性もあり注意しなければならない。プロジェクトマネージャーは、開発チームの中でも高い視点からプロジェクトの進捗状況を眺めることになる。開発に必要な各工程の中で見落としがあると、後の開発で大きなトラブルが発生する可能性が高い。特に初めの段階で問題があった場合には取り返しがつかない事態も考えられ、開発上の大きなリスクとなる。また修正可能なラブルであったとしても、開発スケジュールの大きな遅延の原因となりかねない。

そこでプロジェクトマネージャーは、プログラマーからシステムエンジニアなどITエンジニアのキャリアの各段階で、幅広い仕事の経験を必要とする。開発プロジェクトを進めるにはどのような業務を処理する必要があるかなど、一通り業務内容を経験して初めて、上位の管理職の立場から広く開発プロジェクトを監視できる。マネージャーの判断は開発スタッフの中でも影響力が大きく、開発プロジェクトの成否の行方を握っている。そのためプロジェクトマネージャーへキャリアアップする前には自信を持ってこの重圧の大きい仕事をこなすため、キャリアパスの各過程で積極的に開発経験を積み、監督するにふさわしい実力を身に付ける必要がある。
その他、管理職を目指すにあたって参考となるサイトはこちら<<<ITエンジニアも管理職を目指しましょう>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です