管理職が年収をアップさせる方法

ITエンジニアの管理職は役職のない社員よりも年収が多い。その大きな要因として挙げられるのは貢献度の違いだろう。管理する立場にある人間は言わば社長や上司と部下を繋げる橋のような役目を果たさなければならない。部下の仕事への意欲を保たせながら、社長や上司の指示を反映させるという難しい立場を任される。ストレスの溜まりやすい立場ではあるが、使命を果たすことができれば会社に貢献したということになり、社長や上司からダイレクトな評価を受けやすい。会社への貢献がダイレクトに評価されるということは喜びも大きいはずだ。会社への貢献度は給料にも直結してくる。つまり貢献度によっては年収にも影響してくると言えるのである。

ITエンジニアの管理職は必要なスキルが多い。クライアントとの交渉の際に必要な交渉術やトラブルへの対応力、コミュニケーション能力などが管理する立場の人間には求められる。これに合わせてエンジニアにとって必要なものもある。常に最先端の技術力を持っていることや専門分野の深い知識、マネジメント能力などだ。これだけのスキルを持っている人材が多く存在するとは言いにくい。そう考えると管理職を担えるような人材を見つけた場合は、企業としては手放さないようにしておきたいはずである。そんな貴重な人材を確保しておくためには、給料を多めに渡しておくことが有効な手段として取られる傾向にあるだろう。このようにスキル面でも貴重な人材であることをアピールできていると年収がアップするはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です